AKM Travels and Tours
ミャンマー旅行の手配に強い現地ツアー専門サイト!AKMツアーズ!

ミャンマー・ツアー・センター

ヤンゴン (Yangon)

2006年まで首都だったミャンマーの最大都市。ヤンゴンは「戦いが終わり」という意味を持っている。イギリス植民地時代に建てられたコロニアルスタイルの建造物、最新のビル郡や宗教施設などが訪れる人の目を楽しませている。最大の見所はミャンマー総本山で黄金の仏塔「シュエダゴン・パヤー」、市街中心部のランドマークとなっている「スーレー・パヤー」、宝石や衣類、土産物、日常雑貨品が揃う「ボージョー・アウンサン・マーケット」など。


バガン(Bagan)

ミャンマー最大の見所で、カンボジアのアンコールワット遺跡、インドネシアのボロブドゥール遺跡とともに世界三大仏教遺跡の一つとして知られている仏教の聖地。バガンは11世紀から13世紀の間に栄、ミャンマーの仏教文化が花開いたミャンマー最初の統一王朝の都。バガンはミャンマー中部、エーヤワディー川のほとり40k㎡のエリアに、大小さまざまな形の仏塔や寺院が林立する仏教遺跡。かつては4000基以上が存在したと伝えられる仏塔や寺院は、今では約3000基を残すのみとなっている。無数に広がる仏塔や寺院の絶景、仏塔や寺院のシルエットを造り出して山間に沈みゆく夕日、朝霧に立ち込め刻々と変化する朝焼けなどは多くの観光客を魅了して止まない。


マンダレー(Mandalay)

ミャンマーのほぼ中央に位置するマンダレーは、現在ヤンゴンに次ぐミャンマー第2希望を誇る都市として発展を遂げている。1885年イギリスに占領されるまではミャンマー最後の王朝の都であった街。中国とインドの貿易がマンダレーの経済を支え、主に中国との貿易の拠点になっている。第二次世界大戦中に焼失となり、1990年に再建されたミャンマー最後の王朝の王宮「旧王宮」、建物全体が見事な芸術作品で知られている「シュエナンドー僧院」、丘全体が仏教の聖地で夕焼けが綺麗な「マンダレーヒル」などは最大の見所です。また、マンダレー郊外の古都アマラプラのチーク材で作られた「ウー・ペイン橋」、ミャンマー国内最大級の「マハーガンダーヨン僧院」もマンダレー観光の魅力ポイントとなっている。


インレー湖(INLE LAKE)

シャン高原に浮かぶインレー湖は標高約900mにあり、南北約22km、東西約12km(乾季には南北15km、東西6km程になる)の細長い湖です。周囲を山と田園風景に囲まれ、大自然の絶景が美しい土地です。湖上にはインター族の水上村があり、その中の葉巻工房や織物工房などを見学できる。細長い小舟の先端に片足で立ち、もう一方の足でボートを操り、独自の方法での漁業や水草を集めて浮島をつくり、そこに野菜などを栽培する浮き畑などはインレー湖の最大の魅了です。


ガパリ・ビーチ (Ngapali Beach)

ミャンマー西部ヤカイン州にあるガパリ・ビーチはベンガル湾に面し、全長5kmほどの白砂のビーチ。ミャンマーを代表する由緒正しいビーチとして知られています。イタリアのナポリの海に似っていることからナポリ・ビーチとしてイタリア人が名付けた伝統のあるビーチリゾート。現在ではミャンマー風に発音されて「ガパリ」になったと言われている。無人島でのシュノーケリングや釣りツアーで静かな海を楽しめる。また、ローカルのレストランでその日のうちにとれた魚介類を使った新鮮なシーフード料理を堪能することもできる。


チャイティーヨー(ゴールデンロック)パヤー【KyaikHtiyo Pagoda】

海抜1100mのチャイティーヨー山の山頂直下にある大岩の上に黄金の大岩が立つ黄金の仏塔。自然が生んだ神秘の仏塔と呼ばれ、ミャンマーのパワースポットの一つとして知られている。ヤンゴンからはチャイティーヨーパヤーのあるチャイティーヨー山の麓(キンプンキャンプ)まで車で約4~5時間。キンプンキャンプからトラックバスに乗り換えて中腹の駐車場(ヤテタウン)へ移動(約45分)。中腹から山頂までは徒歩約1時間で体力に自信のない方は人力籠に乗ることも可能です。10月中旬から5月中旬までがシーズンで毎年参拝客で賑わっています。


Copyright All right reserved. Developed By: Hostmyanmar